河上彦斎-人物伝


〜はじめに〜

この「河上彦斎伝」は、今まで読んできたさまざまな参考文献と彦斎先生のご子孫の方から頂いた情報を基に作っております。
ご子孫の河上様は、京都で居合(無双直伝英信流、神道幡蔭流)の道場をやっておられる方で、利治先生の代からの道場訓、「三流の教え」
一、己の為には汗を流せ
一、他人(ひと)の為には涙を流せ
一、君國(くに)の為には血を流せ
を守り、ご先祖の志を今に伝えておられます。

「※」と表記してあるものが、河上家に伝承されているお話です。貴重な情報をお寄せ下さり心より感謝申し上げます。

〜容貌〜

容姿枯痩、目瞳接上、顴骨高起

身長五尺足らず(150cm程度)、痩せ型。
特に美男子というわけでもないが(美男子だったという説もあります…)、色白で頬骨が高く、一見女性を思わせるような容姿だったそうです。

【誕生】
天保五年(1834年)白川県肥後国飽田郡熊本新馬借町(現熊本市新町)小森家に四人兄弟の次男として誕生しました。小森家は兄の半左衛門が継ぐことになっていたので彦斎は谷尾崎町の河上彦兵衛の養子に出されたのです。
11歳で河上家の養子になり、16歳で熊本城下のお掃除坊主へ上がるまでの五年間は、藩校である時習館に通い学問、剣道に打ち込みました。ちなみに彦斎は剣道の「試合」には弱く、いつも負かされていたそうです。「竹刀での剣術など遊びに過ぎん」などと言って…。
そして16歳でお掃除坊主となります。お城勤めとは言え、当時坊主職は軽視されておりました。が、彦斎は気にせず真面目に働き、余暇を見つけては文武に磨きをかけ、茶道やいけ花にも通じました。この頃轟武兵衛や宮部鼎蔵らに会い、教えを請う事によって勤王の志を強くしていきます。

【黒船来航】
20歳の時、藩主の参勤交代の供で江戸に行きますが、そこでペリーの黒船来航を聞きます。次々と不平等条約を結ばされる幕府に不安と憤りを感じ、その後熊本に帰り、勤王学者・林桜園の原道館に入門。彼の尊皇攘夷論に大いに啓発されるのです。後の神風連大野鉄兵衛、加屋栄太らもこの頃原道館に入門しています。
安政六年、井伊直弼により、過激な尊皇攘夷論を唱える吉田松陰・橋本佐内・梅田雲浜らを処刑する安政の大獄が起こります。全国の尊皇の志士たちはこれに憤慨し、翌万延元年、水戸浪士達によって井伊大老は暗殺されます。(桜田門外の変)この事件で重傷を負いながらも生き残った水戸浪士の森五六郎・大関和七郎・森山繁之介・杉山弥一郎の四人が、江戸の熊本藩邸にたどり着き、役所に行くまでしばらく休養させてくれるよう頼んできました。
大老を殺害したとされるこの四人をいかに扱えばよいか藩邸内は大騒ぎになりました。そんな中、家老付き坊主として江戸にきていた彦斎は、医者を呼び、茶の湯の接待をするなどして丁重にもてなしました。尊皇攘夷運動の先駆けとなった彼らに密かに敬意をもっていたのです。

【結婚】
文久元年、彦斎は熊本藩士三沢家の次女てい(後に彦斎が天為子と改めさせる)と結婚します。このていと言う女性、なかなかのしっかりもので、女だてらに長刀の有段者でありました。また武士の妻としての振る舞いも立派で、夫の死後も世間の冷たい目(斬首者の遺族という事で)に耐え一人で息子彦太郎を育て、河上家を守っていきました。


天為子さんについて・・・
彦斎没後、貧窮を極めた遺族を哀れみ、ある時県庁を通じて山縣有朋より援助が来たのですが、天為子さんが県庁に行ってみると「下賜」と書いてある金一封がありました。天為子さんは貧窮していたのに係わらず、尊皇攘夷運動の先輩である彦斎、その遺族に対し「下賜」では受け取れないと言って県庁の役人を驚かせます。後に山縣さんも「さすがに・・・」とかたちを変えて援助したのです。
さすが彦斎の妻。大和女性の真の美しさはこういう所にあるのでしょう・・・。

【清河八郎と彦斎】
この年の暮れ、中山大納言家の諸大夫田中河内介(この年に最初に来熊し、肥後勤王党志士らと共鳴)の紹介状を携えて清河八郎が来熊しました。清河は中川大納言が攘夷に立つのでこれに肥後の有士たちも参加するよう説きにきたのですが、田中河内介の紹介とはいえ肥後勤王党員たちはこの清川を信用することができませんでした。彼を信じていた彦斎は何とか先輩同志たちを説得しますがそれも無駄に終わります。清河はそれに腹を立てて肥後の人間をけなし熊本を去りますが、彦斎のことは大きく評価していたようです。熊本を去った清河八郎は薩摩へ行き島津久光を説得、上京させることに成功します。島津久光が兵を率いて上洛すると聞いて、清河を信用しなかったことを後悔した宮部鼎蔵は、あわてて自分たちの藩論も尊皇攘夷に導こうとするものの、熊本藩はなかなか動きません。

【坊主職を解かれ京へ】
肥後勤王党の志士の中には脱藩するものもあらわれ、宮部鼎蔵も上京して全国の尊攘派志士達と政治活動に励みます。彦斎は茶坊主という身分であるし、また上洛するだけの資金がなかったので、宮部らと連絡を取り合いひたすら朝廷内の尊皇攘夷色を強くしていくという政治工作に奔走しました。それが功を奏し、朝廷から熊本藩へ京都警護の要請がきます。藩主の弟・長岡護美の随従員として、肥後勤王党から轟武兵衛、宮部鼎蔵らとともについに河上彦斎も上京するのです。このとき蓄髪が許され、坊主職も解かれます。

【京都での活躍〜八.一八の政変】
彦斎の評判は朝廷内でも良く、藩兵交代の時期がきても彼だけは引き続き警備の任に当たらせていたそうです。中でも三条実美は彼を大いに信頼し、次のような手紙を送っています。


 方今、形勢日を逐うて切迫し、叡慮を悩まされ候段、悲嘆にたへず候。天下有志の士の憤発
 
 あるべきはこの秋に候。いよいよ尊攘の志を励まし、速やかに宸襟を安んずべきものなり。

      日と月の清き鏡に恥じざるは赤きまことの心なりけり


彦斎はこれに感激して、故郷の長男彦太郎に自分の手紙も添え、これを送っています。「この書を見るのは父をみるがごとくせよ。立派に成長し、父の志を辱めることなく国家のために働きなさい。」と。

京都で八・一八の政変が起こり、長州藩と三条実美ら長州派の公卿たちは京を追放されます。それと同時に肥後藩の警備兵も解散となり全員帰国を命じられますが、宮部鼎蔵をはじめとする勤王派の志士達は、幕府派である肥後藩に戻る気になれず脱藩して長州に入り、彼らとともに行動しようと考えるのです。

【池田屋事件起こる】
長州へと落ちていった志士達は、会津・薩摩による厳重警備態勢が敷かれている京へ再び潜り込み諸藩の勤王志士達と連絡を取り合って失地回復を計ろうとしました。宮部はこの不利な態勢を早急に打破するためには強硬手段しかないと考えます。風の強い日を選び御所に火をつけ、慌てて飛び出してきた京都守護職松平容保を討ち、公武合体派の公家たちを追放するというものです。
しかしこの計画を京都警備に当たっていた新撰組に知られ、宮部らは池田屋で会談中を襲撃されます。この事件で、宮部鼎蔵をはじめ彦斎の同志でもあり、親しい友人でもあった松田重助や高木元衛門、長州の吉田稔麿・杉山松助、土佐の北添佶麿らが殺害されます。長州でその悲報を同志の大楽源太郎から聞いた彦斎は悲憤し、いそいで京都へ上っていったのです。

【佐久間象山暗殺】
京都へ着いた彦斎は、長州追放および池田屋事件の黒幕であった佐久間象山に目をつけます。佐久間象山は吉田松陰の師であり今、行動を共にしている同志達の中には松陰の門下生、いわゆる象山の孫弟子も多い。しかしこの時点で象山は公武合体を唱える完全な佐幕開国論者であるのも間違いない。彦斎は象山暗殺を決意するのです。元治元年7月11日、彦斎は同志を集め斬奸状をしたため象山の宿舎の辺りで待っていました。佐久間象山暗殺に携わったのは彦斎を含め、因幡松平家の家中前田伊左衛門・平戸脱藩浪士松浦虎太郎・南次郎の4人。夕方、外出先から帰ってきた象山は三条大橋のそばで馬ならしをしていました。彼が通りの角を折り曲がった瞬間、前田伊左衛門と南次郎が左右から挟み撃ちにするように斬りかかります。足を斬られた象山は驚いてすぐさま鞭を叩き、馬を走らせます。松浦虎太郎が横から出てきて追いかけるものの間に合いません。宿舎が目の前に迫ってきた所で彦斎が馬の前にいきなり飛び出しました。
(利治先生によると、既に抜刀しておいて刀身を鞘に沿わせて近づいたとか・・・)馬はそれに驚いて棒立ちになり象山は落馬、間髪入れずに彦斎は初太刀を彼の胴に薙います。象山が刀を抜こうとした瞬間二の太刀が彼の頭を割りました。追いついた松浦虎太郎が最後に一太刀浴びせ、佐久間象山は絶命します。暗殺を成し遂げた彼らは、いそいで斬奸状を貼りだし姿を消しました。その斬奸状は次のようなものでした。


   
この者、元より西洋学を唱え、開国説を主張し枢機の方へ立ち入り国の方針を誤らせる大罪

   捨て置くことができず、奸賊会津・彦根と共謀し、中川宮とはかり、恐れ多くも天子様を彦根城へ

   奉ることを企て、その機会をうかがっているところであった

   大逆無道の国賊である。それゆえ今日三条木屋町にて天誅を加えた。

   昼間であったため、さらし首にはできない

                                                 皇国忠義士



ちなみにこの佐久間象山暗殺は長州の久坂玄瑞も関わり、それを扇動したという説もありますが、真偽はどうであれ最終的に河上彦斎の判断によって行われたものでした。彦斎はこの後仲間と別れ、再び長州軍に身を投じます。

佐久間象山についてのもう一つの説・・・
なぜ彦斎が佐久間象山を斬ったかと言うと、象山がアメリカと交わす国書の中で日本の
国名を「新アメリカ国」と書き、その国書は他の幕臣が破棄、その後自害します。
天為子さんはずっとこの説を信じ、孫である利治氏に語っていたそうです。
- - - - - - -
・・・佐幕開国派への天誅が次々と起きているこの時期に、国書に記した「新アメリカ国」・・・
一日ずれていれば・・・もしかしたら象山を暗殺したのは彦斎ではなかったかも知れません。



【彦斎の剣法】
河上彦斎が人を斬るときは、右足を前に出してこれを折り、左足を後方に伸ばして膝を地面にすれすれに接し、右手一本で斬りかかる。
(※居合的な「逆袈裟の切り上げ」だという事です。)この独特の剣法で彼は、多くの暗殺を成し遂げた「人斬り彦斎」として描かれる事が多いですが、実際彦斎が斬ったのは佐久間象山だけが確実であって、他に誰を斬ったかは分かっていません。

【禁門の変】
象山暗殺の八日後の七月十九日、京を追放された長州藩は先月の池田屋事件でさらに怒りが爆発し、武力行使に出ます。兵力をもって長州派公卿、藩主の寃を訴える、禁門の変です。三家老を先頭に御所を守る会津、薩摩、桑名等の兵との激戦が始まります。このとき彦斎も長州家老の国司信濃隊に入って戦っています。しかし長州軍は圧倒的兵力差の前に敗れ去るのです。
指揮官であった来島又兵衛は戦死、久坂玄瑞、真木和泉らは自刃。国司隊も苦戦となり引き上げます。彦斎は国司信濃と別れしばらく鳥取藩邸に身を隠すのです。

【長州征伐戦】
禁門の変に敗れバラバラに撤退する長州軍。彦斎も一旦鳥取藩邸に身を隠し、村岡与一右衛門と共に米子挙兵を三条実美に上奏しますが土佐の土方久元らに反対され断念。その後長州へ帰ります。この戦いで政権が俗論党に傾いてしまった長州。征伐軍を整える幕府に俗論党は、福原越後、国司信濃、益田右衛門介、三家老の首を献上、四参謀を処断し謝罪します。高杉晋作、井上聞多ら残りの改革派は俗論党から命を狙われるようになり、筑前平尾山荘の野村望東尼のところにしばらく潜伏していましたが、保守派色が濃くなっていくのに見かねて下関の功山寺で改革兵を挙げます。
長州にとどまっていた彦斎はこの高杉晋作の挙兵を大いに喜び自らも一隊を組織しこれに呼応、ついに高杉率いる改革軍が藩の俗論党を打ち破り、藩政は再び改革派によって占められたのです。幕府は尊攘派が台頭した長州に再び征伐軍を送ります。第二次征長戦(四境戦争)の始まりです。彦斎はこの戦で芸州口、石州口を守り戦っていましたが、小倉で幕軍である肥後藩が長州軍と対峙したと聞き怒り悲しみます。そして桂小五郎、高杉晋作らが猛反対する中(このとき彦斎は開国派と転じてしまった高杉と絶交している)、長州軍を抜け一人熊本へ帰っていくのです。時勢に気づいていない藩首脳達を説得しに。

【投獄〜大政奉還】
帰国した彦斎は、茶坊主時代仕えていた家老の松井佐渡に会い説得しようとしますが、聞き入れられず脱藩罪で投獄されてしまいます。佐幕派の熊本藩は勤王志士達を全て捕らえて入獄させていたのです。彦斎が投獄されている一年の間に、大政奉還、鳥羽・伏見の戦いが起こり幕府側は朝敵となります。熊本藩では入獄させていた勤王派志士達を慌てて出獄させ、藩の役人に取り立てました。彦斎も書記に登用されますが、一年前には耳を貸そうともしなかった藩庁の重役たちの下で働く気になれず、これを拒否。藩庁は改めて彼を外交係に任命し、彼もこれに応じます。このころ長岡護美から改名を命ぜられ
高田(こうだ)源兵衛と名乗るようになります。               

【有終館設立】
外交役として各地を回っているうちに、彦斎は旧同士達が牛耳る新政府の方針が開国の方向へ進んでいる事を知り愕然とします。外国人が宮廷に出入りするなど、それは幕府時代より酷いものでした。旧同士であり、今や新政府要人である桂小五郎や三条実美に会い問い詰めるのですが、彼らも「攘夷は愚か、今は開国して外国の文明を吸収し富国強兵を計るべきだ」と完全に攘夷を捨てていたのです。彦斎は怒り嘆きます。「確かに今の日本の文明では外国に太刀打ち出来ぬ。しかし最初から負けを恐れて開国し夷人にへつらい何が富国強兵だ。今は攘夷断行し、たとえ負ける事があっても日本人全員が一丸となれば彼らも礼をもって接して来るだろう。開国はそれからでも遅くはない。」と必死で説得しますが議論は平行線に終わるのです。
何とか薩長中心の欧化主義政府を転覆させようと、古荘嘉門(元々は医者の出で、後に神風連に加わる)、竹添進一郎、植野虎平太ら同志達を江戸へ赴かせ、勝海舟ら旧幕臣との提携を図ろうとします。彦斎の策は奥羽諸藩が連合し、薩長にあたるというものでしたが、結局この連合策は勝には受け入れられませんでした。
そのころ熊本藩から帰国命令及び熊本藩飛び地である鶴崎兵隊長任命が下されます。彦斎はこれを受け鶴崎へ赴き、有終館という兵学校を設立。土地の儒学者毛利空桑を招いて兵士達に教授させたり、自らも国学を講義するなど、後進を育てる事に尽力します。


【有終館解散〜投獄、護送】
彦斎が有終館での教育に注力しているころ、新政府に不満をもつ奇兵隊の生き残り津守幹太郎、桑山誠一郎、大野省三の三人が鶴崎へやってきて、彦斎に奇兵隊の統括を頼みます。長州の内乱が気がかりではあったものの、彼は鶴崎の兵隊長という任についている以上これを断りました。新政府に対する攘夷派志士達の不満はさらに高まり、開国論者で新政府の参与となっている横井小楠や大村益次郎の暗殺、さらに山口では解散命令を出された奇兵隊がそれに反抗し、政庁を取り囲むという事件が発生。政庁は支藩の兵を差し向け討伐。両事件の黒幕とされる長州藩士大楽源太郎を捕らえようとしますが、大楽は脱藩し彦斎の元へ逃げ込みます。大楽は再起を図ろうと彦斎に有終館の兵を貸して欲しいと頼みますが、彦斎はこれを固辞。大楽の気持は分かるものの、藩から預かった兵を勝手に使うわけにはいかなかったのです。しかしその後、大楽ら脱走者を匿った疑い、また反新政府組織が大きな軍事力を持つことを恐れ熊本藩庁は彦斎を鶴崎兵隊長の任から解き、熊本へ帰るよう命じます。そしてこの時有終館も解散。彦斎を危険視した藩庁は彼に外出禁止令を出し、さらに大楽らを匿ったことが明白になると、再び逮捕投獄。
明治四年、ついに東京へ護送され何の取調べも無いまま裁判にかけられます。判事はかつての同志だった玉乃世履。玉乃は「新政府の方針に従い、共に働いてはくれまいか」と何度も説得を試みますが、彦斎は「この志は神国に誓ったものである。これをなぜ時勢によって曲げられよう。尊攘を夢見て共に戦い死んでいった仲間たちの事を思うと、そんな考えは到底およばない」と断固拒否。

「不容易陰謀相企候始末 不届至極に付庶民に下し斬罪申付」

明治四年十二月三日、「容易ならざる陰謀を企てた」として斬罪が言い渡されます。
河上彦斎は静かに、刑場へと消えていったのです。

参考文献:定本河上彦斎


【略年譜】 【人物伝】 【和歌・辞世の句】 【逸話】 【書籍・資料】 【河上彦斎伝トップ】

www.神風連.com


河上彦斎 -人物伝-