大楽源太郎-詩歌集




+------------------------------------------------------------------------+

大楽源太郎は幼い頃から詩才に恵まれ、その生涯において多くの秀歌を作り、残しています。
勤皇志士達を感嘆せしめた、力強く且つ表現華麗な彼の詩をいくつか紹介します。

+------------------------------------------------------------------------+



13歳の時、佐波川にて詠んだ詩
--------------------------------------------------

細々として風は林木越【エツ】より生じ

夜来偏に覚う髪根清きを

碧瑠璃上一痕の月

流れて前灘にいたり砕けて声あり




安政の大獄で刑死した師頼三樹三郎を偲んで
--------------------------------------------------

一夜の兇風京畿を吹き

我が三樹を抜いて東海に飛ぶ

良材を以って大廈を支うべし

如何せん蒼天疾を降すこと威なり

頻年奔鯨海域をおどろかす

黒浪天をうちて妖星白し

文臣銭を愛して武臣死し

趙家の政体皆姑息なり

丈夫は志をもたらすに何ぞ身を顧みん

国恩は山の如く命は塵の如し

五十六字熱気をそそぎ

今人を慟哭して後人を悲しむ

ああ貞幹一たび折れ成りて

万古に英魂長く日本の土をまもらん

君聞かずや田道将軍身後の麗は

化して大蛇となりて醜虜をかみしを




水戸藩同志による井伊大老暗殺の報を聞き大いに喜ぶ
--------------------------------------------------

大剣声あり老姦を誅す

心胸面目人をいかんせん

剣は頭顱を貫きて槃んで舞い去る

将軍城下血は殷殷たり

三港の醜虜怱ち落胆し

九原の烈士定めて顔を開かん

囚奴徒自に毛髪を竦て東函根関に入るに由なし




大学寮建設を任命され、その決意を詠む
--------------------------------------------------

誓って死力をもって綱維をはり

神州復古の基を定めんと欲す

満世の毀誉何ぞ問うに足らん

この心唯この心知るあるのみ




八月十八日の政変で大学寮建設は断念。
帰国せず、北上し上毛〜赤城山へ

--------------------------------------------------

上毛山中の作


時に十月十五日なり

雄飛して長策をさしはさみ

来たの方万軍の山に入る

険途何ぞ憚るに足らんや

天歩は正に艱難なり




禁門の変。淀城から撤兵要求の使者が山崎に派遣される。
その使者に対して作った詩
--------------------------------------------------

山崎の陣中にて淀城の使命の人を迎え因り手て作る。
七月十六日なり


偲び看る豺狼九【門昏(コン)】を擁するを

上書して我が公の冤を号泣す

三軍の進退は君問うをやめよ

生死ただ天子の尊きを知るのみ




天王山で自刃した真木和泉らを偲んで
--------------------------------------------------

良夜無心一杯をとる

諸公は屠腹して余哀あり

凄涼たり看つくす屋梁の月

遙に照す天王山上より来るを




高杉晋作の挙兵に呼応し、忠憤隊を率いて軍に参加
--------------------------------------------------

敵営行けば近からんと欲す

馬を駆りて河をすぐるは易し

更に箙にさしはさむを用いず

梅花は到るところに香ばし




慶応二年、宮市の料亭の娘りちを妻とし、双生の女子をもうける
子を詠んだ詩
--------------------------------------------------

桂玉艱難にして歳もまたゆく

夜寒くして二女なくこと孤々

涓埃もいまだ邦家の業を補はず

涙下る西山一の丈夫




明治元年、蝦夷遠征に向かう寺内正毅ら門弟に贈る
--------------------------------------------------

男児気節を重んず

生別即ち死別なり

別酒まさに別涙ならんとし

淋漓として皆熱血




大村益次郎暗殺の嫌疑をかけられ、長野に幽閉された時
--------------------------------------------------

物議紛々として一身にあつまる

老親は我を思い我は親を思う

恵然としてひとり茅檐の月あるのみ

猶人間不孝の人を照らす




長野に幽閉中、夜な夜な魚や野菜を持って訪れてくれる母を詠む
--------------------------------------------------

籠を開ければ發刺として鮮魚あり

また甘藷を見るに美にしてくらうべし

知道す母子を思うこと切なるを

ために郷味を伝えて幽居を慰む




山口を脱走し、九州へ入り同志を集めに諸藩を往来。
岡へに着く。
--------------------------------------------------

暮雨岡城暗くして開かず

乱雲堆裡風雷あり

間関に勤皇の士を訪なわんこと要すれば

千山万岳を踏破して来る







【年譜】 【人物伝】 【詩歌】 【逸話】 【関連書籍】 【大楽源太郎伝トップ】


www.神風連.com

大楽源太郎詩歌集