記事一覧

剣豪3プレイ記ログ

再アップして行きます。

修羅モードでは彦斎が一応ラスボス。
ゲームの冒頭で登場する河上彦斎。最初はその恐ろしい人斬りに睨まれただけで震えるようなひ弱な剣士だったが、宮本武蔵や柳生一族、新撰組など数々の剣豪達と刃を交える度に力も技も精神も成長していく主人公。
32人の剣豪を全て抹殺した後に、再び彦斎が登場する。
修羅と化し成長した主人公の姿を見て「あの時の軟弱剣士が…噂に聞く最強修羅の正体だったとはな…」と驚きを隠せない様子。
そして最終決戦へと突入。


  

剣豪3プレイ記最終回

アップロードファイル 72-1.jpg

小次郎殿は長かった…。
真剣勝負を申し込んだものの、見事に返り討ちにあってしまった。私の“修羅への道”もここまでか。
まぁ仕方ない。最期は皆さんに私のこの美しい素顔を披露して終了しよう。それにしても情けない最期だ。

剣豪3プレイ記30

アップロードファイル 71-1.jpg

御前試合で小次郎殿に勝利した私は彼の部屋に呼ばれた。どうやら宮本武蔵と対決しなければならないらしい。そして勝った方が正式に仕官できるという。
武蔵VS小次郎
…明日になればどちらかが倒れているだろう。
私の中で恐ろしい欲望が渦巻いたのはその時だった。
二人とも自分の手で倒したい!

剣豪3プレイ記29

アップロードファイル 70-1.jpg

豊前の御前試合で小次郎殿と闘うことになった。佐々木小次郎…こりゃ今まで闘ってきた相手とは格が違いそうだ!
…あ。そうでもないや。
そういえば御前試合は木刀での勝負だった。物干し竿さえなければ小次郎殿なんてただの佐々木さんだ

剣豪3プレイ記28

アップロードファイル 69-1.jpg

お次はちょっと離れて豊前!京都より西へ下るのは初めてだ。わくわくしながらの道中、これまた奇妙な男と出会う。彼の名は佐々木小次郎。
そして長いものに引っ掛けられた。昔の私なら泣いているところだ。まぁよい。豊前へ急ごう。

剣豪3プレイ記27

アップロードファイル 66-1.jpg

決着はついた…。



以上だ。

剣豪3プレイ記26

アップロードファイル 65-1.jpg

伊賀に来て100日が過ぎようとしていた。荒木又右衛門殿もそろそろ落ち着いただろう。真剣勝負を申し込みに行った。又右衛門殿は快く勝負に応じてくれたが、これでまたどちらかが命を落とすことになるのか…。
剣に生きる人間、紙一重の人生を歩む者たち。その全ての…あ、そう言えば新しいパソコン買っちゃいました♪

ページ移動