記事一覧

テロ

アイコン

ベルギーの自爆テロ、ISに参加しようとした日本人・・・
テロリストが・・・!と言い、一括りにして表現しますが、実際はその主義主張は様々です。
信仰であったり、怨嗟であったり、何かしらの理由付けをして動くものだと思われます。
では今回、日本人の若者がISへ・・・と志願を持った理由は??

「日常が詰まらないから」

といった、一見すると「そんな事で」と捉えられます。
現に、最初は私も「詰まらないなんて、若造が」と思った一人です。
同じように感じ取った人も多いと思います。
でも、深く考えてみると、「あ~・・・今の日本の状況を映しているとも言えなくもない」と感じることができます。
乱れる政治、独裁に近しい危うさを感じるアベノミクス。
昨今のメディアが担うべき役割の希薄さ。
若年層にとどまらず、高齢者間での非情な犯罪行為。
様々に、今回の「彼」が国を憂いて外へ逃げたくなる要因が多い様くあります。
ただ、それらが直接ではないにしろ、夢だとか理想だとかそういったものを語ることすら難しい異常な「現実社会」が日々迫る現在。
若者への将来に関する期待や展望が暗く写るのも已む無いと思います。
それでも・・・敢て前進する方もいらっしゃるのですから、メディアの方々には暗い話題と同じだけこんなご時勢だからこそ「明るい話題」を、日本人を一人でも多く
希望が持てるような話題を放映していただきたく思います。
しかし・・・今日明日と、何も無く過ごせる人は一握りと居ないんですが・・・現実に負けず、死ぬだの諦めるだの向かう前に、もう一度しっかり考えて誰かに
頼ってみるなど、何かしら前向きになれる行動を願うばかりです。。

応援お願いします(^-^)

今日は

大楽源太郎の命日です。
大楽先生も決して自分の意思を曲げなかった。
夷狄を打ち払い真の独立国家を目指すという思想を。
アメリカの犬と化した安倍政権。私たちはこの
日本に誇りを持てるでしょうか?
大楽先生が流した血の涙を思うといても立っても
いられません。
安倍晋三による独裁政治は我々国民がしっかりと
見張っていかねばなりません。
近々18歳から参政が可能となり、今、若者の力が必要に
なろうとしています。
無冠の志士たちの意志を継ぎ、真の日本国を
取り戻そうじゃありませんか!


応援お願いします(^-^)

花粉が・・

先月より目がゴロゴロ異物感、鼻がジュルジュル止まらず。
いわゆる花粉症に悩まされております。
近年は、こどもの花粉症も増加傾向らしく、飛散量が多いのかなと思っておりましたが、免疫低下などもある模様。
病気ではないにせよ、辛い日々。
早く5月になって落ち着いてほしいです。

応援お願いします(^-^)