記事一覧

主権在民・・・きちんと成されているでしょうか

アイコン

この数年特に冷え込んだ日韓関係ですが、殊に朴政権になって、一層悪化している様にも思えます。
政策的な効果ではなく、反日感情という人の怨嗟を煽る事で愛国心を引出し、支持率を維持する様にも見られます。
これは一定期間は効果絶大にも思えましたが、あまりに長く継続する事で、徐々にほころびも見え始めている模様。
反日という国内世論のみを重視した結果、相手国(我が国)にも嫌韓ムードが高まり、右派的な思想に依る若者が少しずつ増えるようになりました。
加えて中国の進出という軍事行動による緊迫化、北朝鮮の問題もあって、世界情勢全般に不穏な空気が漂い始める昨今。
我が国はあえて、放棄すべき軍事力に注目を始めています。
安部政権下で、自衛隊の行動に対する抑止力が緩められるのでは?という危険性も見え始めたこの頃、我々時代を担うものとして、真剣に我が事として考え、必要ならば反対をすべきかと思います。
ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ
被爆国として、真っ先に戦争加担に走らぬよう、国民一人一人がせめて国の抑止力として、主権者として政府を監視する気持ちを持つ事がこの先も平穏に生きる術と思っております。
先の見通しがやや暗めな感じではありますが、頑張ってまいりましょう^^

応援お願いします(^-^)

いよいよ6月

現実世界ばかり日記付けしているこのごろ。
特に反省無く性懲りも無く今回も現実世界です・・・

いよいよ九州地区が梅雨到来との事。
私は中国地区に在住しておりますので、九州が入梅と聞くと、あ・・・うちもボチボチか。とよそ事ではなく、嫌な季節だなーと思ってしまいます。
四季の変化は年々悲しいかな環境異常により薄れてきておりますが、わが国特有の湿度は健在。
よって梅雨時期が近寄ってきた事をこの湿度が感じさせてくれる事で、辛うじて四季の変化を薄っすら感じることができるのでございます。
梅雨は過ごすには鬱陶しいやら嫌なものですが、かすかな古き四季を感じるきっかけとして、大事にしたく思います、


応援お願いします(^-^)