記事一覧

島根県旅行

アイコン

島根県松江・出雲両市へ旅行に行ってまいりました。
行程は1泊2日でした。

広島より中国道へ
   ↓
  三次IC
   ↓
  54号線
   ↓
  山陰道(三刀屋木次IC)
   ↓
  山陰道(宍道JCTより出雲ICへ)
   ↓
  出雲大社・島根ワイナリー
   ↓
  斐川ICへ一般道で戻る
   ↓
  終点・松江ICへ
   ↓
  松江市内散策1泊目夕方と2泊目午前中
   ↓
  途中、道の駅で休みながら、同ルートで広島へ

という、行程でした。
54号といえど、山道がありまして、クネクネと上り下りする様な道が続きます。
道の駅は三次より三刀屋ICまでの間に3~4箇所あって、いずれもなかなかの規模でした。(長閑な町の中に小さなSAといった風情です。農産地帯らしく産直市もありました)

宍道の夕日を目指して何度か行った松江ですが、1~2回、ほんのわずかにしか今までもお目にかかれないのが残念。
地元の方に伺っても、住んでないと余程の運がないとお目にかかれぬ見事な夕焼けだとかで・・・
本当に雨に当たらず良かったのですが、少々そこらが心残りでありました。

それでも、出雲市内で、松江へ向かう一般道にて、田畑に鴨ならぬ牛を放っている光景には家族揃って歓声。
あんな風景が見られる事がとんと無いものですから、感動しましたよ。
今は、出雲でも神話関係のイベントが実施されているみたいですね。是非一度、神話の国「出雲」と宍道湖の夕焼けを見に島根県へどうぞ!!
山陰道・浜田道とも、対面型の高速道でヒヤっとしますが、綺麗な道路ですから快適は快適でした。
のんびりした空気を愉しむならお勧めの場所です。
城下町・歴史の街としての風情も京都に劣らぬものを感じます。
ぜひ皆様、ゆったりした空気を求める方は行って見られればと思います。

応援お願いします(^^)

.

未曾有の災害

先日より降り続く豪雨は、気象庁にとっても「今まで経験の無い」と警戒色を強めるものであったと。
私も広島にあって、降ったり止んだりの気候を体感しておりますが、降っている間の雨量の多さと勢いに運転していた際には恐ろしさすら感じました。
ゲリラ豪雨という事でしょうが、まさにいつ何時訪れるか分からない雨、自然災害。
台風とは違った、予測不能な自然の猛威は人間がいかに文明を発展させても追いつかぬ大きなものだと思います。
このたび、熊本や大分で今に於いても苦しんでおられる方々が多々あり、神風連を調べる際、お世話になった方々の安否も気になるところであります。
人事ならぬ我が事として、この未曾有の大雨災害に対し、注意を払わねばなりません。身近なだけに。
災害=年月で忘れ去る傾向にあります。
先の震災然り。忘れずに記憶をしっかり留めておかねばと改めて想いました。

そんななか、国会は何しているのでしょうねぇ。
小沢氏の新党名はぶっちゃけどうでもいい。。。
国会で叩きあいしてる無駄な時間を自給に換算すると、結構な義援金を送金できる気がします。
首相の給料1千万そこらでしたか。
それだけの仕事してくれてるのだろうか・・・

応援お願いします(^^)

.