記事一覧

思うところあり

アイコン

消費税関連法案可決に伴う、与党民主党の党内分裂騒動。
小沢Gが離脱し新党結成の話題ばかりが盛り上がっておりますが、国会ってこんなことで大丈夫なの?と、我々国民は不安と不満が増すばかりなのでございます。
小沢氏の“例の”一件についても、結局曖昧なまま流された感があるだけに、「やってやれ!」とは断じて言いません。
何と言うか、何がしたいんだと壊す以外に何かやったっけ?というところです。
野田首相の増税で、何が変るのか。
いや、そりゃ税率上げて少しでも財政が保障制度等政策費運用が・・・というのは分かりますけども。

2014年4月には8%、2015年10月には10%増税見込み。
・・・正直痛い。


10,000円の商品に対して、8%の税率だと800円。
これが10%になると1,000円・・・
現行5%のときでも、消費低下が懸念材料でしたから、10%にまで膨れると・・・零細企業の倒産が更に加速しそうな予感がプンプンです。食品類については、考慮する様な検討がされている旨、ニュースで挙げられていましたが。
どのみち、大きな買い物は控えられそうですねぇ。
自動車産業だとか建設(住宅建築)関連は影響ありそうですね。。。

税率UPは止むを得ない面もあります、それも分かるのですが、もう少し仕分けできんかなぁ~と。
国の無駄遣い精算もさることながら、、、、税金や国政からはズレてますが、視察や研修の為か知りませんが、何百万と旅行費を拠出できることが少々納得いきません。
真面目に仕事して、コスト削減に知恵を絞りつつ励んでおられる公務員の方が圧倒的多数だと思います。
それでもやっぱり「え?!」と疑問視することが表に出やすい為、地方がコレなら、国はどんだけ無駄してきたのかなと疑ってしまうわけです。
だからこそ、つい致し方ない事であっても認めたくない、認められない「その前にもっとすべきことあるんじゃないの?本当に事業仕分けできてるのか。簡単な財政確保に走ってんじゃないのか」色々捻くれた考えになる訳です。

“解散と選挙”好きな日本という昨今の傾向。
日々、こうした連立だの分裂だの見聞きしておりますと、政党の意味自体を問いたくなるのであります。
次の総選挙はもう民主も自民もダメだろうな・・・
元々入れてないからいいのですが、今入れたい政党といわれると、正直・・・・・。無いですね。


応援お願いします(^^)

.

大雨の中、今ひとつ

最近再び、疲弊がちです。
何かと振り回されがちなこの頃。
行き場の無いモヤモヤが積もり積もって、ここ2~3年前に出たアノ症状と再会でございます。
癒しを求める記事ばかり書いてしまってますが、本当にもやもやが鬱積した昨今、ついついどんよりしがちです。
梅雨のこの時期だからこそ、どんよりし易いのかもしれませんね。
皆さんもお気をつけください。
ストレスというのも、辛いものですね。
自分の事より近しい外部からの圧迫が尚堪えます、が!
タワちゃんは、いかなる時もスマイルで頑張ります・U・
というか、それしか表情が無い。

タワちゃんです。
ペイントファイル 24.png

応援お願いします(^^)

.

電車の日

アップロードファイル 505-1.gif

広島では電車の日ということで、広島電鉄の路面電車車庫を公開し多くのファンが集まったそうです。
大正の電車が未だ現存することも驚きですが、広島の電車というと、つい原爆投下から僅か3日で動き出し、それが復興に大きな影響を与えたという所でしょうか。
いやはや、核の脅威に晒されながらも、必死に前進する人々の力というのは凄まじいの一言です。

神風連や歴史を調べておりますが、人の執念というのか、前に進もうとする真っ直ぐな精神が、我々にも同じ様に持っている筈です。
先人達から学べるところを出来る限り発掘し、次代に遺せる何かをつくって生きたいと思います。

上の方は言わずと知れたタワちゃんです。
応援お願いします(^^)

.

増税問題の野田政権

アイコン

小沢派VS野田派

消費税率引き上げで5→10%に何とかしてUPしたい模様。
いやいや、それにしても当然税率上がれば我々庶民生活はいっそ苦しくなりますがな。
他国の税率は高いところで25%というところもあり、確かに日本の5%何かは比べ物にならない位緩い数値。数字だけ追えばそりゃそうだなと納得できる。
が、それに見合って保障される制度の確立という点でみると、大丈夫かこの国は。と不安になる要素が多々。
いや、確かに高齢者と若年層の人口ピラミッドが逆さになってはおります、負担も多くなっていくだろうと安易にも予想できます。
しかし、納税者にもっと保障というバックアップを頂かねば、不信さは払拭できませんがな。小沢氏の“もっと他にすべきことがある”“国民が求めているのは「まず負担を強いるだけの意味がある政策を施行して」ということ”と言うところは誰もが感じているところなんですがね。
本当に、日本の舵取りはどうなるのでしょうか。
あいまい不明瞭な強硬さがチョコチョコ目立つ野田内閣。
あっちこっち飛びながら、大連立狙いかと思われる動きもしばしば。実際求めているものは生活環境なんですけどね。
貧困と富裕と普通と微妙な割合で成り立っているであろう我が国で、生活保護>年金という珍妙な事変があって、格差も広がり、一番実質切り詰めているのは誰でしょうという昨今。
普通であることが一番有難くて、でも一番つらいこの状況。
年金制度の改革で、減額する前に、増税で消費を抑えてしまわないように、もっと生活レベルの保障制度って見直すことを急いで欲しいのです。
我々世代とそれより若年の子ども達が先々どんな負担を受けることになるのか。今の必死に経済成長に貢献した親世代・祖父母世代がきちんと報われることになるのか。
その辺、底辺~一般的な所得層にもそっと着目して必要なものと不要なものを仕分けしてもらえれば幸せだなぁと思うのでございます。

取りあえず、抽象的に言うとそんなところです。

・U・ダチョウ倶楽部の上島竜平と野田首相って、何か似ている気がする・・・と思った方はクリック!

応援お願いします(^^)

.