記事一覧

こうだげんべえ

漫画のキャラがどんどん描けなくなっていく…
最近鉛筆で描いたイラストがないなー(´・ω・`)
ペイントファイル 13.png


にほんブログ村 幕末・明治維新

放射線被害

アイコン

福島第一原発から漏れ出した放射線による、人体への影響を恐れる声は世界各国に見られる模様。
冷静な声もあれば、見えぬモノへの過剰な不安から、時として攻撃的な非難の声もあり、反応は様々。
一時は汚染水を問題視し、スーパーなどから水が消えるといった事もありました。今は身近なところでも然程に騒がれていない様に思いますが。
食物については、更に深刻化しており出荷制限などが課せられ打撃を受けている農村自治体がある様です。
風評被害は、更に深刻化し、人間そのものにも付きまとう様になりました。
先の千葉船橋市における「放射能感染」といった、差別問題。
これは、どこかで・・・と広島県民として何かしら記憶に引っかかりました。かつて原爆といった核兵器によって爆風と熱線にさらされた広島市。
何とか生き延びた人々を襲ったのが“黒い雨”こと放射能でした。
当時は今より更に放射能といったものが未知の物といっても過言でない時代。風評被害は凄まじいものだったそうです。
70年は草木が生えない。人は住めない。
被爆者と接する事で放射能汚染が感染する。
そういった風評によって、結婚差別など様々な問題が発生しました。この度も福島県民の方に対する風評被害が事実起こってしまった様です。
残念ながら、原爆投下から現代に至るまで、文明科学はどんどん進化し、発展しましたが、人間の本髄は早々進化するものではない様です。
こうした不安と恐怖と差別と、事故と震災といった直接的な被害意外にも様々な問題が山積する中、政府のみならず、日本人として、これら難題にどう取り組んでいくのか、日々出来ることを模索する必要があると再認識するこのごろです。

にほんブログ村 幕末・明治維新

.

神風連烈士和歌(春)

桜も満開の頃、震災被害のこともあって、花見という日本独特な季節行事も控えめに成されております。
呑めや歌えやをせずとも、春の桜を愛でるのは、一つの癒しでもあり、活気を呼び起こす力にもなろうと思います。
原発問題など環境的な方面で問題は山積し、未だ解決の糸口もはっきりせぬ所でありますが、一先ず春ということで、季節にちなんだ彼らの和歌を紹介。

玉ちはふ神の恵みしつきせすば花咲く春に逢わざらめやは
                 太田黒伴雄

久方の天益人のますますに栄えん御代の春ぞたのしき
                 加屋霽堅

老いたるも若きも仰く春山の櫻は花の神にあるらん
                 上野堅吾

春ごとに咲く花よりも亡き人のかぐわしき名ぞ世に残りける
                 富永守国

この春も何か祈らむ久方のあまつ日嗣の御世の榮えを
                 阿部景器

※益人(マスヒト)・・・国民、市民

にほんブログ村 幕末・明治維新

.

被災地のみなさん大変ですね

私は募金ぐらいしかできませんがどうぞ体に気をつけて下さい。

ペイントファイル 12.png


にほんブログ村 幕末・明治維新

4月になりました

神風連の会も、5年経過しました。
月日の経つのが早く感じます。
今年度も、会員登録については自動更新し、会も継続運営していこうと思いますので、宜しくお願い致します。