記事一覧

一人一人と一匹の神風連

神風連挙兵の中で、彼等の家族やその周囲にも戦いがあった。
高麗連という門閥より小篠兄弟・源三に可愛がられていた愛犬の虎がいる。
虎は義挙へ出陣したまま帰らない主・源三を求め、狂ったように吠えるその姿が幾日も見られたという。
見かねた源三の母は、「お前の主は亡くなった」と教え、墓所へ虎を連れて行った所、虎はそこから動こうともせず、飲まず食わずのまま餓死してしまった。

神風連資料館に祀られる一党の墓所に、虎の墓も建てられているが、人の戦いのみならず、虎の様な身近な生き物にとってもある種戦いであった。

どうしても順列を人優先に見てしまうが、こうした一個の生命として虎の戦いの最期をしっかり評価し、彼等と共に眠らせ奉る資料館や関係者の方のものの見方など、彼等の信仰に近く、大変共感できるものだと感じた。

にほんブログ村 幕末・明治維新

新内閣スタート

新首相に選ばれた菅副総理・財務相(63)は、1994年から首相を務めた村山富市氏以来の、政治家一族出身ではない首相となる。特に、07年の安倍首相退陣以降、首相経験者を祖父や父に持つ首相が毎年誕生し、1年程度で退陣する状態が続いているだけに、「非世襲」の菅新首相が粘り強さを発揮し、安定政権を築けるかどうかが注目される。(読売)

近年世襲総理が殆どであった我国で、久しぶりに首相経験者を祖父母に持たない総理が誕生したとのこと。
世襲といえば、日本古来より封建社会でも“世襲”はありましたが・・・。
古きを脱し、欧米に倣って今に繋がる新たな体制を築いてきたものの、結局この世襲という体質だけは未だ変わらずという所。
此の度、久しぶりに世襲外れの首相が誕生した事で、果たして何が変わるのか。
沖縄問題、税率UPなど、様々に我々国民にとって気になる事項がそのまま半端に残り山積している状態で、しかも普天間問題については投げ出されて今更違う提案が出し難い状況。
菅新政権がどう対応していくのか、国民一人一人が責任以って、見つめねばならないですね。

それにしても、自民も民主も結局一緒だなという事だけが、鳩政権で国民へ明らかにされた事でしょうか。
日米関係も然り。これまでの闇が僅かに覗けただけでも多少の、微々たる成果なのでしょうか。
そう思わねばやり切れませんがな・э・

※どうやら、この話題が掲示板でされていますね。“奇兵隊内閣”というスレッドの様です。関心がある方は参加してみられては如何でしょうか?


にほんブログ村 幕末・明治維新

昔のイラスト2

アップロードファイル 399-1.jpg

富永守国さんです。漫画よりキリッとしてますw
そういえば今日は池田屋事件の日でした( ´^益^`)

掲示板を変更しました

スパム攻撃が凄まじいので新しい掲示板を設置しました。
こちらはセキュリティがしっかりしているので、皆さん
どんどん書き込んで下さい(^^)