記事一覧

加屋霽堅楯列伝記小説

アイコン

小説六頁更新しました。


http://www.shinpuren.com/kayaden1.htm


<次回更新予定日>
2009年年末~年明の予定

師走が近いですが

皆様いかがお過ごしでしょうか。
インフルエンザも季節性のワクチンに至るまで在庫切れとか何とか。報道というのは凄まじい力を発揮しますね。
医者の方は「皆を煽って怖がらせすぎな所もある」と少々対応に不満げな所も見られる模様。
感染力は強いのかもしれないですが、実際今までのものよりは菌そのものは然程らしいので、一先ず手洗いうがいを厳重に、今後一層気をつけたいと思います。
・・・といいながら、風邪気味なのかいま一つの体調をズルズル引き摺っており、休みの間は安静にさせて貰う事に致します。

しげはる

執拗に

捜査本部は行きずりの犯行の可能性が高まったと判断。捜査の重点を平岡さんの足取りの解明や不審者の割り出し、遺棄現場周辺での捜索などに移している。足取りの解明では、平岡さんと体格や服装がよく似た女性の目撃情報があったJR浜田駅方面へ向かう国道9号沿いなどで聞き込みを強化。また手口の残忍さが犯人の本性を現していると判断し、レンタルビデオ店でホラー映画を借りた不審な客がいないかも調べ始めた。(産経新聞記事より抜粋)

身近な地域で起こった凄惨な事件。
島根県浜田市の大学に通う女子大生の方が被害に遭われた何とも悲憤耐えぬ残虐な犯罪事件でした。
犯人は土地勘という事を踏まえると、島根・広島の境に居を持つ人間かもしくは登山等そういったアウトドアで度々訪れた事のある隣接する県人か。
行きずりの犯行だと言われると、腑に落ちない点があります。
バラバラにして運搬しやすくする、という所まではこれまでの犯罪を見ても起った事ですが、それにしても執拗に凶器で傷つけるのは何故でしょうかね。
犯人の被害妄想なのか、それとも別の女性に対する八つ当たり的なものなのか。いずれにせよ、許せるものではないのですが。

所で、最近の報道・・・被害者加害者両方の遺族関係者を必要以上に追い込み過ぎに思います。
確かに加害者は憎いものという印象だと思います。
しかし、犯罪を犯した本人が成人しているならば、もう親の責任は問うべきではないかと。親はいつまで経っても親ですが、良識と常識ときちんと理解の上で追い詰めテレビ画面にまで映して(モザイクがあれど)ちょっと度が過ぎている気がしました。
正悪の判断は犯罪のみならず、日常的に必要不可欠なものだと感じた今日この頃。
犯罪を犯した人が、一日も早く自首してくれる事を望んでおります。

風邪対策

アイコン

新型インフルエンザの感染拡大に伴い、国や地方、家庭に於いても様々な対策グッズや対策法が成されているようです。
身近に感染が発見されてから、更に慎重に手洗いうがいをしておりますが、同時に季節性のインフルエンザも気をつけねばなりません。加えて、ここ最近残業続きでちと体力弱り気味。
経済状況の悪さと共に、この感染被害。
弱毒性とはいえ、侮れぬ模様。
遅くとも今月半ばから、新型に対応したワクチンが摂取開始との事で、持病を抱えた人、妊婦等弱い立場の方から守れるようにワクチン以外の協力として厳重に体調管理をしてみようかなと思うこの頃ですがな・э・