記事一覧

神風連烈士和歌

荒鷲の翅も撓みし吹風を
いく夜鎧の袖にしめけむ
          正足

田辺正足
禄百石の肥後藩士で、古典を修め歌を好んだ歌人である。
神風連事変に参加し、事敗れて後は宇土大岳で自刃。
長男・儀太郎、次男・儀五郎等も、父と共に参戦。
親子の情や信頼関係の深さは周囲にも良く知られていたと言う。


今年は丁度10月24日が土日と休日になっています。
今回こそは、熊本で学びなおしの旅が出来ればと思っております。
熊本⇔京都を歩き、作品や今後の資料作成につなげたいものです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー