記事一覧

難しい

烈士達のあれ程強い心は今の我々にとって酷く憧れるものです。
近代化と共に、様々な環境が「楽」で「手に入れやすい」ものとなってきました。
その文明の発展に沿うように、人間が小さくなってきたと感じられる事もしばしば。

維新~戦後現代に至る日本の変化と発展は目覚しく、先進国と称される程ですが、その反面得るものの影で失ったものや弱体化したものもまた変な言い方ですが同じく目覚しいといえるでしょう。

敬神党一党の烈士達は、こうした憂う後世の姿をどこかしら感じ取っていたのでしょうか。
欧化し変わり行く住み慣れた街、国を見て、自ずと先の日本が病んで行く姿を予見してしまったのかもしれません。

これから先の日本を担う人々に、今存在する我々は何を伝え遺していけるのか。日本人として本当に伝えるべきは何なのか、安易に伝統だ文化だけではない「心」の部分こそ先人達の遺した資料から読み取って知って生きたいものであります。

しげはる

久しぶりに

新聞と共に投函された察しは、丁度熊本県の紹介記事でした。
ここ2年か3年程、熊本行きを果たしていない事に改めて気づき、ぼちぼち行かねばと慌てている所です。
資料館の方へも伺いたいですし、烈士等の足跡を辿りしっかり実感して来たい・・・が、なかなか日取りが難しいのもまた現実問題。
一人で行くにはちと距離が遠く、道中が暇だよな~とつまらぬ事を考えております。
しかし、なんとしても今年中には一度は行きたい。
とりあえず、旅費を貯めて気軽に行ける様に下準備をせねばと今から頑張りますがな・э・=3

作品執筆にあたって(遅まきながら)

加屋霽堅伝を書いている最中、神風連関係の文書を参考にしながらふと思うのです。
実に彼等は決して特別ではない、その一瞬の思念は凄まじかろうが、然しながら、普通に人生を生きた人々であったろうなと。
一瞬、あの義挙に臨んで爆発的に鬱屈した思いを解放したものの、逸話からみる姿は至って平静を以って良き父であり良き青年であった訳です。
学び始めて数年、難しい、現代人でも当時でも理解の及ばぬ神格化された特殊な領域と先入観を持って彼等に触れてきましたが、神風連資料館より頂く宇気比や、諸先生方の認められた書籍にその際立った面が描かれるのを見ると、近年「反発」とも言える気持ちを覚えるのを感じます。
そうか?そんなものだったか?と、疑問が湧いてくるのはまだまだ無知だからでしょうかねぇ。それでも彼等を敢えて同じ地べたを歩ませて特別なイメージを取っ払いたいと思う気持ちは困ったことに譲れぬものでありますがな・э・
そういう訳で、くだけた感じに作品が仕上がりそうではありますが、メールなど下された御遺族、関係者の方々には何卒御容赦下されませ。

・・・と、豪語する程の立派な作品になりますように・э・
日々の努力あるのみです。


しげはる

神風連資料館

昨年は神風連資料館の開館30周年との事で、様々に行事があったそうです。残念ながら、林大人や烈士等の掲げた「神事本也、人事末也」に則り、10月24日、11月5日と土日を選べば参集も多いが敢えて「その日を卜とし、最上吉日」と変更せず、正に神事本也として開催されたとの事。
何とかして参じたかったものですが、その為に今すべき事を放棄して良いのかどうか・・・ちと迷う所がありました。
私も一社会人。仕事というものがあって、小さいながらも責任を負わされておると自覚している所があり、安易に「私」的な行動選択に走れば、己のすべき道を全うせんと尽くした烈士等に恥をかかせる事になるかなと思い、言い訳がましい事ながら、出席には成れなかった次第です;э;
次回こうした機会があるときに休日で時間的な自由があれば、是非に訪れてみたいと願うばかりです。
近年、資料館では後世に残すべく設立された館の維持会会員数が減ってきているとの事で、多少なり学ぶ場として微力ながらお役に立てればと資料を公開し、当会(偲奉会)会員の方々に一層関心を以って是非一度資料館へ訪ねていただければと切に願いながら、おかげ様で3周目になる当会、一層盛上げて参りたいと思う所存であります。

しげはる


++神風連資料館補足++
熊本市黒髪、桜山神社境内内にあります。
資料館の維持協力に於ける会員さんも居られ、私も参加させていただいております。ちなみに、会費制ではありますが、毎回「宇気比」という会報を送っていただき、様々な記事が記載され大変勉強になります。
資料館や会について詳細関心のあるお方は、御一報ください。
少しでも多くの方と国人として学んで行きたいと思っております。

27度超

連休明けてから、27~30度と高い気温が記録されています。
私の方でも、昨日今日と7月下旬の気温を出している様で、職場への行き帰りが暑くて上着を脱いで歩いて帰りました。
明日もまだこの調子でしょうか。
またも、今年は酷暑・猛暑いずれかになりそうな心配もあります。
昨年は確か5月入ってからすでに夏日でしたから、多少今年はマシなのかもしれませんが・・・
いやはや、夜も暑くてモガモガしておりますがな・э・

加屋霽堅楯列伝記小説

アイコン

一先ず、1頁を公開します。
ちと、別展示の様になっておりますので、宜しければ下記よりジャンプし、ご覧ください。

>>http://www.shinpuren.com/kayaden1.htm

しげはる

連休中日

5月大型連休も中日になりました。
皆様、如何お過ごしでしょうか。
先にお知らせ入れました新作品の紹介までもうしばらくお待ちください。順調に執筆進んでおります。
会員の方及び、御遺族・関係者の方々には、メール等お世話になっております。今後とも宜しくお願い致します。

此の度は、身内の“おめでた”があったり、ヒヤヒヤしながらも幸せ休日(ちと忙しくなる面もありますが)を過ごしております。
今年も早五ヶ月目に突入しましたが、これから暑い季節になる前に、過ごしやすいこの季節。体力をしっかりつけて、夏の暑さに耐えうる身体作りに励みたいと思います。
それでは、残り数日、よい休日をお過ごしください・э・

連休中の目標

新作品を執筆、公開予定です。
神風連関連のものですが、公開場所は現段階ではブログに直接以前同様打ち出すか、別頁へ転送させるか・・・
色々検討しております。
とりあえず、然程の資料が無い為、ポツポツと出していく予定にしております。


神風連の副将加屋氏を主として描く予定
他会員の方々の作品を今後紹介していく事も考えております。

宜しくお願い致します。


しげはる