記事一覧

掘ったら・・・・・・

アップロードファイル 170-1.jpgアップロードファイル 170-2.jpgアップロードファイル 170-3.jpgアップロードファイル 170-4.jpgアップロードファイル 170-5.jpg

出てきました。昔、ほっこ氏と白熱した絵チャログが!

誰の為か

●免許更新制
教員免許に十年という有効期限を設け、八年目頃に三十時間程度の講習を大学で受ける事で更新する案。
>目的とその対象
学習意欲の低下や不登校など子どもたちの時代的変化に対応できるよう教員の資質を高める狙。
現職教員もその対象とされる。
>講習の内容
教科の指導力、使命感・教育的愛情、社会性や対人関係能力等。

・・・と、教育法案の内一つを箇条書きに紹介します。
この他、教育委員会に対する政府の権限強化を示した、教育改革関連三法案が衆議院で可決され、いよいよ教育の在り方まで国が権限を強め危うい状況です。
学習能力低下、いじめ問題、少年犯罪。現場の教職員は多忙かつ「ゆとり」ない過酷な労働状況下にある。この過酷さに加え、団塊世代の大量定年と公務員給与見直し、先に説明を加えた教員免許更新制。これでは教員という資格に全く魅力もなく人が集まらないのではなかろうか?
どんな時でも、現場は叩かれるものです。
国が作り上げた教育の成果が問題多発する今に繋がっているのだとすれば、これらの法案も教員叩きも結局はただの責任転嫁ではなかろうか・・・。
指導者を指摘し過労に追い込む前に、学校で社会で何故これまでの様な規則や、長幼の礼が守れないのか?教育は学校だけで行われるものでない事を踏まえて、家庭・地域における「教育」の在り方もきっちり見直していかねば法律などでどうこう解決できるような簡単な問題ではないと思われ。

子どもの為にも、教職員の為にも、学びやすい環境というのはやっぱり周りの地域ないし親達が信じて見守ってくれる優しい環境の事かなと思ったりします(・э・)
(まあ、問題な先生や子どもはまた別問題として。)

昔は当たり前の様に存在した見守る環境が今求められていると感じるこの頃です。

しげはる

大楽源太郎伝について(訂正)

まずはお詫びをば(・э・)
先日お知らせした、漫画「大楽伝」について。
ほっこ氏が一切管理しております、大楽源太郎伝につきまして、
諸事情あって販売一切待機状態にあります。
既に数件お申し込みがあったのですが、ちと時間がかかりそうです。今現在、保留状態ですが再度折を見て連絡を取るようには致しますのでこちらから返信するまで、お待ちください。
宜しくお願いいたします。

しげはる

河上彦斎和歌

河上彦斎氏は神風連烈士とよく交わり、最期までその主張を曲げなかった人物である。
志同じくする同志として、その和歌を紹介する。

大野君に
おもひおく事はあらねとますらをは
別るる袖そつゆけかりける   玄明

大野鉄兵衛、加屋榮太と同門であり、林大人門下三強と称されるが、幕末という日本の大きな転換期に生きた彦斎達志士。
彼等はそれぞれに離れた場所で活動を行っていたが、それでも志一つで密な繫がりが持て、こうした和歌の中にも友への情が深く感じられるものである。


しげはる

いっぷく

ちと風邪気味ですが、頑張って一日を終えました。
悩んだり落ち込んだり、不才な事であれこれ自信喪失もありましたが、本日意を決してイラスト勉強の成果をば。

所要時間60分・・・
で、この程度ですがな(;・э・)
(スライムに完敗)

ペイントファイル 4.png


しげはる

偲奉士議論№6

百三十年神風連偲奉士の方々による議論も今回より暫く、我国における最重要議題が上り、昨年は大いに盛り上がりをみせました。
現在は暫し年金問題や教育、談合問題等々、安倍政権もそれどころではない状態になりてんてこ舞いの様ですが、いずれはきちんと我々国民も向き合って考えねばならぬ大事な「憲法改正」についての議論。
賛否両論で大いに揺れたこの議論、如何なものか是非当事者である日本国民として関心を持ってご覧いただければ幸いであります。


>こちらから閲覧できます。
http://www.shinpuren.com/cgi-bin/protect/shinpuron130-5.htm

しげはる

自由も危ういものです

自衛隊情報保全隊が反体制的な活動(イラク派遣反対の団体、市民団体や年金制度等法案に関する集会)の活動を監視していると、共産党・志位委員長の会見がありました。
***
自衛隊関係者から入手したとする「内部文書」を公表
「情報保全隊が市民団体やジャーナリストの活動を監視している」と指摘した。文書は、自衛隊のイラク派遣に反対する団体、個人の調査結果が中心だが、年金制度や消費税に関する集会の報告もあった。
>詳細(11部、166P)
・一般情勢
・イラク派遣に対する国内勢力の反対動向
イラク記事だけでも、市街地などでの活動で監視対象となっているのは全国四十一都道府県の293団体・個人で、高校生も含まれ、参加者の個人名・写真なども添付されている。
ジャーナリストの取材状況や市町村議会の決議の経緯なども分析されている。
(中国新聞、時事通信より)
***
>志位委員長「表現の自由やプライバシーを侵害する行為で、憲法違反だ」
>防衛省「内部文書かどうか確認できないが、この種の資料は作成した。イラク派遣の反対運動が高まっていた時期で、対応を考えるのが目的。違法性はない」

さて、この記事と双方の指摘言い分を聞いて、皆さんどう思われますか?
こちらで掲載しております神風連等、日本には体制に批判する団体がことごとく弾圧を受けてきた歴史があります。戦前なども共産思想を以って反対勢力となっていた人々は激しい拷問に苦しめられて亡くなった方も居られます。
今日は、我国の憲法は書かれてある通り、言論(表現)の自由と謳われ、人としての尊厳を保護されてきた・・・筈でした。
そんな中でのこの発表。
日本はどんな方向へ向かっているのか、言葉思想がいずれ規制される日がくるのだろうか。今公開された事の真相はいま一つのところですが。全く、こうした事をきっかけに是非国内情勢に少しでも関心を持つ人々が増えてくださればと切に願うのです(・э・)

しげはる

選挙戦が今後どうなりますやら

ちと、今日は筆休養日なので簡潔明瞭にします。

●安倍内閣の支持率
> 支持 38%余
>不支持 45%余
●主たる要因と思われる事象
>年金不備問題
>松岡前農相自殺問題

これがメディアの世論調査による一般データです。
更に、現政権に於いて重要な法案の殆どが多数派成立した何とも危険かつお粗末なものだと感じられ国民としてこれで良いのかと不安不満が目立つものである。政治資金規正法や国家公務員法の改正案、天下り禁止強化と銘打っているものの、本当に議論をきちんと成されているものか、テレビや新聞といった限られた情報でしか知る事の出来ない主権者はどうすれば良いのやら。
最近は、上記問題によって安倍氏も焦りが見えているように思えるが・・・厚生労働大臣柳澤氏がすべき年金不備に対する街頭演説を首相みずから出向く始末。選挙を睨んでの事だろうが、それにしてもその程度で支持率を戻すのは容易ではないだろうと思われます。

・・・という事で、毎度お馴染の「考える」をしっかりフル活用し、皆さんそれぞれ生きる為に投票所へ向かうとしましょう。
タレント化しつつある政治に対する不信が募るこの頃(・э・)

しげはる

友人より学ぶ歴史

ちと神風連を離れた所になりますが、会津若松の白虎隊を調べ共感を持って調べようとしている友人とやりとりの中で、日本人らしい物事の捉え方を感じどこか懐かしみを覚えた人物の逸話があったので紹介いたします。

白虎隊に加わって会津戦争に参加した若い方です。
篠田儀三郎隆義、会津藩の200石藩士篠田兵庫の次男として生まれ
た。当夜には白虎隊士中二番隊の教導を務め、若い隊士らを良く統率し皆から兄の様に慕われた人物。
性格は真、実直でありその真面目な人柄は次の逸話から感じ取る事ができる。
「篠田儀三郎は蛍狩りを友人と約していたが、嵐であった為到底狩りは出来まいと判断され友人はこの天候で出られぬ事は承知だろうとて、敢えて報せを出さずに居た。しかし、彼は悪天候にも関わらず、蛍狩りの約束を正式に断りに来た。彼の言うには、蛍狩りが出来る出来ないは問題じゃない、約束があったから来たまで、出来ないなら今度にしようではないか・・・と。そう言って、それだけを伝え彼は帰っていったという」

それを聞いた時、現代では考えられない生真面目な人となりに酷く懐かしみと羨ましさを覚えたものです。
私の友人は、こうした日本人が少なくなっている事を近年起こっている凄惨な事件に悲憤の言葉を洩らしながらもそれでも篠田氏の逸話を知り彼に大いに感し大事にしたいという熱意を語っておりました。現体制に対しても、少なからず危機感を覚えているらしく、こうした歴史の中で必死に生き戦った日本人思想への切望を以って語らう事が出来、非常に有意義な時間だったと思います。
あの時代を生き抜いた日本人の姿を知り、様々な人柄を逸話伝記から知る事で幅広い日本人らしさに触れて己の日本人らしさを向上させたいと思う所であります。


しげはる