記事一覧

神風連烈士④

神風連烈女和歌~

屍はいつくの土となりぬとも魂はとどめて御代を守らむ


述懐 阿部景器妻、以畿の和歌である。
10月24日(9月24日)一党の義挙に敗れて後、夫景器や同志石原運四郎と共に自宅にて自刃。享年26歳。

敬神党一党の戦いは、烈士等だけのものではない。
こうして、影となり支えてきた遺族の方々にとっても、大きな戦いだったと思われる。それは現代にも及び、神風連の義挙を伝え遺すという違った形での戦いへと繋がっているのである。
今年百三十年という節目の最後の日に、以畿という烈士に殉じた女性の和歌を紹介する事で、神風連と呼ばれた人々の遺した倭の心を違う(視点)角度から捉え伝えていければと思う。


記:しげはる

近況報告

アイコン

どうも、ご無沙汰しております。
今年も30、31日と二日ばかりとなりました。
来年もどうぞ、宜しくお願いいたします。

さて、先だって、熊本へ訪問してきました。
神風連資料館と、新開大神宮の参拝。
丁度、クリスマスで世間が騒いでいる頃です。
狙っていった訳ではなく、たまたま資料館の特別展示を拝見しに伺おうとするならば、この時期に連休を作る以外行く時間がないという理由から行って参りました(^^)
今回は先にもお知らせ致しましたが、義挙百三十年の行事もあって資料館の展示も平生と違うものになっております。
太田黒伴雄氏、加屋霽堅氏ら領袖の遺筆や刀剣が展示されるなど、日頃ご遺族の方が大事に納めて居られる貴重な遺品を紹介され、真に見応えあり、色々な知識へと繋がる良い機会と思われます。

●神風連資料館●
年末年始休み ・・・ 12月26日~1月5日まで休館
特別展示期間 ・・・ 平成19年1月末まで

以上。

神風連烈士③

~加屋霽堅和歌~

歳暮祝

米も積み御酒をもかもし何事も
みちたらひたる歳の暮かな 盾列

神風連烈士の和歌は彼らの憂いを表すものを多く紹介してきたが、ここで、12月となり丁度時期が当てはまる事もあって歳暮祝と題する歌を選んでみた。
今までとは違う、我々と同じく日々を過ごしている日本人としての普段着の彼等の姿を思い描いてみたいものである。           

師走

アイコン

いよいよ今年も12月に入りました。
一気にググッと冷え込んで、地域によっては雪に振られた所もありましょう。今年は暖冬かと思いきや10月~11月となって急激に秋から冬へ気温は下降して行きついには明け方私の方でも10度下回る気温が続くようになって参りました。
冬将軍到来とも言われておる今週末・・・今年は特にインフルエンザも既に発生が騒がれ、様々なウィルスが空気中に俟っているのだろうなと警戒しながらも日々を過ごしております。風邪などに気をつけて楽しく一年を終えたいものです(^^)

さて、師走ともなると、忘年会やクリスマス、大晦日正月・・・と次々新年に向け楽しく忙しい時期です。
近年便利な世の中になって、これまでは各家々で作っていた正月料理も手軽に注文し作る手間を省け、店舗に至っては年中無休に近い所も多く、何となく正月という特別な日も存在が消えていく気がして少々寂しい気も致しますね(^^)

何はともあれ、皆さん元気に師走を乗り切りましょう。