記事一覧

古事記から見る神風連⑤

③島々の誕生

伊耶那岐の命と伊耶那美の命は互いに意見を交わし、天つ神の指示を得るべく高天の原へ戻る事になった。神が占術により言うには伊耶那美の命が先に口を開いた事に原因があると説き再び下ってやり直す様に伝えた。
それから二神は再び下界へ降りて同じく天の御柱を軸に左右より回った。今度は伊耶那岐の命から口を開いた。
「なんと可愛らしい乙女であろう」
伊耶那美の命が続いて言う。
「なんと素敵な御方でしょう・・・」
そうして同じく契りを交わし漸く生まれた子が淡道之穂之狭別の島(あわじのほのさわけのしま)すなわち、淡路島であった。次いで、伊予之二名の島(いよのふたなのしま)すなわち四国と続いた。以下がそれ以降生まれた島々となる。

隠伎の三子の島(おきのみつごのしま)・・・隠岐島
筑紫の島(つくしのしま)・・・九州
伊岐の島(いきのしま)・・・壱岐島
津嶋(つしま)・・・対馬
佐度の島(さどのしま)・・・佐渡島
大倭豊秋津島(おおやまととよあきづしま)・・・本州

以上六つと先に生まれた淡路島、四国を含めた八つの島を合わせ、大八嶋国と言われた。後、更に吉備の児嶋(岡山児島半島)以下六つの島をも生んだのである。
こうして所謂日本列島基盤が成ったのである。


日本列島は古来こうして誕生したと信仰されていた。
近年、ご存知の通り中国大陸と陸続きであった日本は様々に起こる地球の変化によって大陸より切り離され今の様な島国へと進化し至るものである。
古事記を読んでいると、現代人では有り得ない、馬鹿馬鹿しい夢物語よと思える所も多く書かれている。そうした、今と昔の捉え方の違いを感じながら楽しむのも良いかもしれない。

<参考>
古事記:島崎晋 著
担 当:しげはる(^^)

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー