記事一覧

古事記から見る神風連⑤

③島々の誕生

伊耶那岐の命と伊耶那美の命は互いに意見を交わし、天つ神の指示を得るべく高天の原へ戻る事になった。神が占術により言うには伊耶那美の命が先に口を開いた事に原因があると説き再び下ってやり直す様に伝えた。
それから二神は再び下界へ降りて同じく天の御柱を軸に左右より回った。今度は伊耶那岐の命から口を開いた。
「なんと可愛らしい乙女であろう」
伊耶那美の命が続いて言う。
「なんと素敵な御方でしょう・・・」
そうして同じく契りを交わし漸く生まれた子が淡道之穂之狭別の島(あわじのほのさわけのしま)すなわち、淡路島であった。次いで、伊予之二名の島(いよのふたなのしま)すなわち四国と続いた。以下がそれ以降生まれた島々となる。

隠伎の三子の島(おきのみつごのしま)・・・隠岐島
筑紫の島(つくしのしま)・・・九州
伊岐の島(いきのしま)・・・壱岐島
津嶋(つしま)・・・対馬
佐度の島(さどのしま)・・・佐渡島
大倭豊秋津島(おおやまととよあきづしま)・・・本州

以上六つと先に生まれた淡路島、四国を含めた八つの島を合わせ、大八嶋国と言われた。後、更に吉備の児嶋(岡山児島半島)以下六つの島をも生んだのである。
こうして所謂日本列島基盤が成ったのである。


日本列島は古来こうして誕生したと信仰されていた。
近年、ご存知の通り中国大陸と陸続きであった日本は様々に起こる地球の変化によって大陸より切り離され今の様な島国へと進化し至るものである。
古事記を読んでいると、現代人では有り得ない、馬鹿馬鹿しい夢物語よと思える所も多く書かれている。そうした、今と昔の捉え方の違いを感じながら楽しむのも良いかもしれない。

<参考>
古事記:島崎晋 著
担 当:しげはる(^^)

台風10号=神風10号?!

アイコン

お騒がせのノロノロ台風10号。
現在も九州で粘り強く北上中との事。
その癖、ダラ~っと伸びた雨雲引き連れて何日日本列島に雨を齎すものか。恵みの雨よと喜ぶ所と、堪えてくれと泣く所、地域様々な思いを抱えて見送る事になりそうです。
明日には中国地域も豪雨予測が出ており、取りあえずそれ相当の準備だけでもと考える夜。

九州、四国地区の会員様、訪問者様には早く去って欲しいの一言でしょうね。ともかく、災害などの被害者とならぬ様、烈士に倣って神明に祈るばかりです(^^)

記:しげはる

(^^)←2度目です

先日靖国参拝を15日に済ませ公約を果たした小泉首相。
「やっぱり」という簡単な感想を洩らした矢先、報道で飛び込んできたのは神社前での賛否による暴動・・・いや、暴動というよりは、喧嘩でした。双方反対の相手に対する言葉の主張が聞き取れないのはなぜでしょうか。傘や投石での戦いはちょっといただけませんね(^^)ノ

それにしても、毎日暑いですね。
イライラするのも無理ない事かもしれませんが、一つ脳だけは冷たく冷静に参りたいものです。
会も残すところ半年をきりました。会の趣旨や意見交換のあり方など様々に話し合いがなされている様ですが、積極的な議論を行い活性化に繋げ、1年後の成果に結びつける事ができればと願っております。

記:しげはる

第十話

熊本城から聞こえる轟音と時の声はまさしく同志達の戦が始まった事を
意味する。こうなった以上、急ぎ任務を終え合流を果たさなくてはなら
ない。味方は多勢に無勢、数を見破られれば鎮西の大群によって一網打
尽とされてしまう。そうなる前に、何とか合流を・・・。
高津、石原をはじめとする襲撃部隊はそれぞれに駆け出して目標へ向け
一気に攻め込んだ。


彼ら襲撃隊が動きをはじめたその時、本隊は藤崎宮より二手に分かれ
城下ほど近い大砲営、そして歩兵営へとそれぞれに向かっていた。

「新開!砲兵営はまだ沈黙しております。」

斥候を放った報告によれば、砲台は戦う気配を見せていないらしい。
恐らく気付いてないのだろう・・・。ともなれば、一刻も早く叩いて
機能を封じるべし!大砲を擁する砲営を無傷に残して置けばこちらの
被害も大きく、下手をすれば殲滅されかねない。
太田黒は低い声で神兵たちを急行させた。
大きな柵が円を描くように並べられ、一つの砦を築いている。
営内をぐるりと見渡すも、伏兵がいる様な様子は見受けられなかった。

「新開・・・築かれぬよう柵を取り払い、一気に攻め込みましょう」

横に控えて同じく率いてきた加屋が耳元へ囁いた。
静けさ故か、小さな音一つ立てても気付かれる恐れがあり緊張した空気が
辺りに張り詰めている。
彼の低い声は冷たい風に守られ営内へ響く事はなかった。

「うん。同感だ。砲台を使わせぬよう、一気に攻めあがろう」

そうして、70余名の隊はゆっくりと慎重に闇にまぎれて柵を取り払って
行き、営内への打ち入り口が現れたのである。
加屋は密かに数人の隊士を寄せて、大砲を分捕る様綿密に支持を出し彼らを
隊から分離させた。

丁度その時、本隊第二陣が攻め寄せる歩兵営より時の声が上がるや太田黒は
今だといわんばかりに、総攻撃の命令を下すのであった。
暗く冷たい戦いの幕開けである。

今日は原爆の日です。

1945年8月6日8時15分、広島に原子爆弾が投下されお年寄りから赤子に至るまで無差別に、一瞬にして命を奪われた日です。
あれから61年経ち、未だに非戦闘員である民間人が多く犠牲となる戦争が続いています。
そして先日は、都市部攻撃によって多くの犠牲者が出、そのほとんどが幼い子供だったという報道で知りました。
まだまだ原爆投下からの反省には行き着かぬようです。
◆◆◆◆◆
核開発が続けられる中、米国を初めとする保有国は何時になったら、核を投げ出してくれるのでしょうか。何だか彼らは気に入った玩具を手放せずに愚図る子供の様に思えます。
核という玩具に飽きるまで待てという事でしょうか(^^;)
まだまだ、平和には程遠くある様で情けなくも思います。

神風連を学ぶ会に於いて、自然崇拝と共存を知る事が出来ましたが、そこへ戻るにはどうすべきなのか、今何が足りないのか。
会のもう一つの趣旨として、今後こうした神風連思想に基づく現代社会問題を考えて行きたいと思います。

記:しげはる

なかなか…

アップロードファイル 97-1.jpg

いつも神風連偲奉会ブログを見に来て下さる皆様、ありがとうございます!
現在更新が滞っておりますが、暑い内はボツボツと…涼しくなったら一気に活動再開と致します。

8月です(^^)

戦争があった歴史を知らない若い世代が増えているそうです。
先日見たNHK番組の調査によると、「日本が米国と戦った」事実すら知らない人がいるようで、これには驚きました。
日本という自国の歴史認識がこうなのだから、ましてや諸外国との歴史問題など想像もつかぬだろうと思います。61年前のこの8月という月は日本にとって大きく体制が変わった月だと思いますが、ここでも終戦がいつであったか・・・かろうじて戦争の歴史を知っていても正確な日付まで記憶していないというのが現実の様です。
過去の歴史で起こった過ちを知る事で出来る反省と次世代に繋げる教訓であって現実に起こった事実を知らずに平和を唱えるのは難しいと感じるものです。
私も知らない部分は多くあるし、今度は伝え遺す役割を担う立場になっていくであろうから、今年はせめて考えるという事から始めたいものです(^^)ノ

記:しげはる